時空研 青森

時空研青森のブログです



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
太陽活動が再び活発に :: 2011/02/21(Mon)

太陽活動が再び活発に

~ 第24太陽活動サイクル初の大型フレアを確認 ~2011年02月16日

情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長:宮原秀夫)は、2011年2月15日(火)10時44分(日本時間)に
大型の太陽フレア現象を確認しました。このような大型の太陽フレア発生は約4年ぶりであり、
数年間にわたって静穏であった太陽活動が活発化に転じたことを示唆しています。

太陽活動が活発化することで、今後は数年間にわたり、通信衛星や放送衛星などの人工衛星の障害、
GPSを用いた高精度測位の誤差、短波通信障害などの発生確率が高くなっていくと予想しています。
今回の太陽フレアの影響は2月17日(木)~18日(金)未明頃に到来すると予想されます。

NICTは、2011年2月15日(火)10時44分(日本時間)に、大型の太陽フレア現象を確認しました。
今回の太陽フレアに伴うX線強度は通常時の100倍以上(最大時)であり、この規模の太陽フレア発生は、
2006年12月以来となります。
一般に、大規模な太陽フレアが発生した場合には、それに伴う様々な環境変動が地球近傍の宇宙空間で
生じます。これらの宇宙環境変動には、フレア発生直後(数分程度)に確認される変動と、
数日かけて地球に到来してから確認される変動があります。
前者については、NICTの観測により、太陽フレアによる太陽電波バースト現象と電離圏および地磁気変動を
確認しました。後者については、2月17日(木)~18日(金)未明頃に地球に到来すると予想しています。

1)本日までに確認された現象

・太陽フレアに伴う太陽電波バースト現象
NICTの太陽監視望遠鏡により、大型の太陽フレア現象(図1参照)が確認されました。
また、NICTの電波望遠鏡により、太陽フレアに伴うコロナ質量放出現象、及びその前面の衝撃波から
発生したと考えられる電波を観測しました。

・太陽フレアに伴う電離圏現象(デリンジャー現象)

太陽フレア発生に伴い、稚内、東京、沖縄を含む日本全域上空の電離圏において、
NICTの電離圏観測装置がデリンジャー現象を観測しました。

2)本太陽フレアに伴い、今後発生が予想される現象
・磁気嵐現象
地球周辺の宇宙環境が大規模に変動し、これに伴う地磁気の乱れや地球周辺の
高エネルギー粒子の到来により、通信衛星や放送衛星などの人工衛星に障害が発生する可能性があります。
また、オーロラ活動が活発になることがあります。

・電離圏嵐現象

電離圏の状態が変動し、短波通信等の無線通信への障害や、GPSを用いた高精度測位の精度が
一時的に劣化する現象が生じる可能性があります。
NICTでは、太陽活動や宇宙環境変動の情報提供を長年にわたり行ってきました。
2008年1月頃から始まった第24太陽活動サイクルは、これまでの太陽サイクルと比べ静穏でしたが、
今回の現象により、今後の太陽活動は活発化に向かうと考えています。活発化に伴い、
今回の現象のような宇宙環境が乱れた状態が発生しやすくなると考えています。






<用語解説>
太陽フレア現象
太陽の黒点群の領域で生じる爆発現象。太陽フレアに伴い、強い紫外線やX線、電波等が放射される他、
CME現象が生じることもある。


太陽電波バースト現象
太陽電波強度が急激に増大する現象。太陽フレアやCME現象、衝撃波等から放射されることがある。


コロナ質量放出現象(Colonal Mass Ejection(CME)現象)
太陽の上層大気であるコロナのガスが惑星間空間に放出される現象。地球に到来すると大規模な
宇宙環境変動を引き起こすことがある。


デリンジャー現象
太陽フレア現象によって放射される強い紫外線やX線の影響で電離圏の下部領域が異常電離し、
短波を吸収することで生じる現象。これにより、漁業無線などの短波通信に障害が発生することがある。


第24太陽活動サイクル
太陽活動はほぼ11年の周期で変動しており、その周期的な変動をサイクルとして1755年から数えている。
第24太陽活動サイクルは2008年1月から開始したと考えられている。


引用元 情報通信研究機構
スポンサーサイト
  1. アセンション
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
今ここの力 :: 2011/02/18(Fri)

願いがかなうNLP願いがかなうNLP
(2009/02/19)
山崎 啓支

商品詳細を見る


2年ぐらい前に出版されたNLPベースの願望実現本ですが、

自分が望む状態で『在る』ために、参考になる内容が掲載されているので
丸ごと引用します。



もしあなたに、本当にかなえたい願望があるとしたら、「~したい」と
強く願いすぎてはいけません。それが願望実現のポイントです。

起業したいと思うなら、「起業したい」と強く願ってはいけません。
もっとやりがいのある仕事を見つけたいと思うなら、
「やりがいのある仕事が見つかりますように」と強く願ってはいけません。

強く願えば願うほど、その願望は遠ざかってしまうのです。
こういうと違和感を覚える方も少なくないかもしれません。
いわゆる自己啓発書などにはよく、「願望は強く願うべきだ」と
書かれています。また「夢は強く願いつづければ、いつか必ずかなう」と
説く成功者も多くいます。

それでもやはり、あえていいます。願望は強く願いすぎるとかなわないのです。
厳密にいうと、最初は強く願うところから始めるべきです。

強く願うことなしに、つまり強く欲しいと思うことなしに、
願望実現への旅は始まらないからです。しかし、強く願う必要のない状態、
つまり手に入って当然と思えるようになったときにはじめて願望は
かなうものなのです。


P35~36まで引用


意識のレベルには、「時間(過去・現在・未来)」の概念がありますが、
無意識のレベルには「いま・ここ」という概念しかない、という特徴があるのです。


P38より引用




つまり、引き寄せるものを決定する強力な磁力である無意識には、
過去や未来の認識はなく、「いま・ここ」の認識しかないのです。
そして「いま・ここ」しか認識できない無意識は、いつでも
「いま・ここ」にある自分を実現しつづけることになるのです。


P42より引用


もしあなたが本当にかなえたい願いがあるなら、それを強く願いすぎないことが
願望実現のポイントだと述べました。なぜなら、強く願うということは
「今は無い」というメッセージを協力に無意識に届けることになるからです。

たとえばあなたが「ベンツが欲しい」と強烈に願ったとします。
そもそもベンツが欲しいということは、「いま・ここ」にはベンツがないと
いうことです。つまり、ベンツが欲しいと強烈に思うほど、
「いまはベンツをもっていない」「ここにはベンツがない」という
メッセージが無意識に届いてしまうのです。

ところが願望をかなえる原動力となる無意識には、時間の概念がありません。
現在の状況しか認識せず、それを実現しようとするのです。

となると、意識はベンツが欲しいと切望しますが、無意識はベンツがない状態を
自分だと認識して、その状態(ベンツがない状態)を実現するのです。

同じように「税理士の資格をとりたい」と願うことは「いまは資格がない」という
メッセージを無意識に届けます。結果、無意識は資格がない状態を実現します。

では、ベンツを欲しいと思っている人すべてが、資格をとりたいと思っている人
すべてが、それらを手に入れられないのでしょうか?そんなことはありません。


手に入れている人に共通している特徴は、「手に入れて当然」という感覚、
あるいはすでに手に入れているという感覚をもっていることです。


P42~44より引用


願望が実現するのは、未来では無く
「今ここ」の無意識の「願望が叶って当然」の感覚だけです。
  1. | trackback:0
  2. | comment:5
2月度青森セミナーレポート :: 2011/02/14(Mon)

連休の最終日のお忙しい中、多くの皆様に御参加していただきまして
誠にありがとうございました!


さて、セミナーの主な内容(レジュメ以外)は、以下の通りでございます


★3月ようやく無茶苦茶景気が良くなる
 そして秋までに180度意識変化する

★今年は土地売ったらアカン 買うのはいい


★花粉予防

今年は、全国平均9倍の花粉が飛び交う

 毎日10分10日ぐらい続けると良い  

   ○○○(氏名)の全血液・全細胞・患部(人によって違う)にEG入れる
          それらからIgE抗体・マスト細胞・抗源を抜く
  

★インフルエンザ

 時空研のメンバーは、インフルエンザにかかっても熱が出ない
   
   ○○○(氏名)の全血液・全細胞・患部(人によって違う)から
           インフルエンザウイルスを抜く



★先祖・水子霊と仲良しノウハウ

  因を探査すると何度も戻ってくる先祖・水子霊とは
  仲良しノウハウをすると落着く場合がある

  また、どんなお経をあげて欲しいか
     何をお供えすれば良いか  

   探査して要求を聴くという事も大切


★不安
 
    脳の青班核からノルアドレナリンを抜く


★フラクタル



    フラクタルはなるべく単純に症状を書く


    例) 頭痛い   お腹痛い   歩けない

    
    
    願望を書く場合は、過去完了形で


    例) 一千万儲かりました

       追加で『足引っ張る一切のノイズ』と書いておく


★虚の問題

    実は無くとも虚が残っている場合
    いろいろやっても三次元的に治らないことがある

    
    虚の金欠病 虚の持病 虚の慢性病 と追加で書いたら治った


    50分の1法則

    500日胃潰瘍の場合、50分の1の10日虚が残る

    従って、虚の10日間にやっぱりダメだと思うと自分で胃潰瘍を
    創造することになるので元に戻る




  1時間基本浄化するより下記の項目を1日100回
   フラクタルで浄化するとかなり効果あり!
  

○○○(氏名)の一切のノイズおよびその虚のインクルードワールド
         さらにその根源意識


   ただし、ノイズの多い方がやるとひっくり返るので、
   その場合は、1日2~3回から少しずつ増やすこと


★心房細動

  心房洞結節にEG入れて、ウイルスを抜く

  フラクタルの場合は、心臓ドキドキと書いてFFを乗せるだけ


★睡眠力UP 

  脳神経細胞A11を浄化する


★糖尿病

 一番簡単な治し方は、一日1万歩歩くとどんな方でも
 半年あれば治る 



★甲状腺機能低下症  

  女性の欝の60% 男性の欝の20%は、甲状腺機能低下症

  甲状腺と延髄にEGを入れて、そこからウイルス・細菌等を抜く


★骨盤臓器脱  
  
  骨盤底筋群にEG入れる


★フーチ

  三次元で実際に起こった事であれば、フーチは反応する

  動かなかったら、その事実は無い
 
  その動きが、どんなパターン(猫霊であっても鬼霊であっても・・)
  動いたらその事実は在るということ


来月のセミナーは、3月13日(日)です。
多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます!!
  1. セミナー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
謎の古代津軽王国 :: 2011/02/10(Thu)

「この書は、もし他人に見せることがあれば死罪を招くことあり。
 決して他見してはならず。門外不出をむねとせよ。」


各巻の最初に、この様な世にも恐ろしい注意書きが記されている
『東日流外三郡誌』であります。

昭和50年4月突如として青森県北津軽郡市浦村役場から発刊され、
さまざまな論争を繰り広げられたが、偽書としての烙印を押され
論争はすでに終結したかのようでありますが、

しかし、『津軽古代王国』の真実や埋没神『アラハバキ神』の姿を垣間見るには
禁じられた書を開かねばならないのであります。





この古文書を記したのは、津軽地方の飯詰の住人、和田長三郎と
出羽国(秋田市土崎)の秋田孝季という両名であった。

彼らは、子どもの頃から津軽藩大浦一族によって自分たちの祖先が眠る
津軽の地を奪われ、古くからの由緒正しい系譜を抹殺されてしまったという
話を聞かされてきたのであります。


天正12年(1584年)南部藩出身の大浦為信は、自ら津軽藩祖と名乗って
天正15年に高楯城(五所川原市飯詰)を攻略すると、世にいう津軽藩の圧政が
はじまった。浪岡城北畠氏や高楯城藤原氏の一族残党は徹底的に弾圧され、
それまで津軽地方で最も繁栄していた安東氏一族の家系図・古文献など、
すべて見つけ次第抹殺したという。

そして2代藩主津軽信枚は歴史文献『津軽記』を没収し、
5代藩主津軽信寿は元文5年(1740年)に古代の石器や土器類まで
厳しく微集したといわれている。

いったい、なにゆえに代々の津軽藩主は、津軽地方の古代豪族に強い恐れをなし、
安東一族の家系図まで抹殺をはかったのか?

それは、津軽為信公が南部系出身であったことと、安東一族が古代から
最も崇拝していたアラハバキ神の祟りを恐れからの様であります。

10代藩主津軽信順は、外出のさいにも悪霊退散の高札をかかげ、
津軽地方の民衆弾圧と安東一族に関する神社仏閣の抹殺をはかったのです。



そして寛政年間(1790年頃)、安東氏の後胤にあたる秋田孝季は、
ひそかに和田長三郎と協力し、失われた歴史を求め、2人で
日本全土82ヶ所を34年間にわたって調査したのであります。

彼らは、津軽地方の神社仏閣の古文献をはじめ、縄文時代までさかのぼる
上古代の伝説や伝承記録はもちろん、全国各地に残された神武天皇や
邪馬台国に関する古代記録、および安東氏一族の家系図や歴史記録など
南北朝時代にいたるまでの中世史についての膨大な資料を収集し、
8年の歳月をかけて全360巻に写筆したのであります。


つまり、秋田孝季らは特に津軽地方の正統な歴史的事実を津軽藩に
抹殺される危険性を察知したため、同じ写筆本を2部作成し、
両家がそれぞれ秘蔵することにしたのであります。

そして年月が経ち、昭和32年その秘蔵古文書は、青森県五所川原市飯詰の
和田家で偶然に発見されるのでありました。





『東日流外三郡誌』要約

今から約5000年前、中国の三皇五帝の夏王朝時代
現在の青森県津軽地方(津軽半島の十三湖一帯の市浦村や亀ヶ岡地方
岩木山麓)には、非常にすぐれた古代文化(亀ヶ岡文化)が存在していた。

しかも、縄文時代の岩木山一帯と亀ヶ岡地方には、アソベ族という古代人が
定住していたが、約4000年前に中国大陸から多勢のツボケ族が十三湖に渡来。
アソベ族に文字を伝えたばかりか、青銅器や鉄器の利用法、すぐれた黒陶土器の
製造技術も伝えたという。


アソベ族とツボケ族の混血した民族は、やがて数種類の文字
(古代絵文字や糸の結び目によるキープ文字、砂文字など)を使い、
パンチカード方式による億兆単位の数字計算、日神と月神を中心とする
石神信仰や八生輪廻という霊魂再生観をもっており、天地17神の神々を
祭る『津軽古代王国』を築きあげ、後に強大なアラハバキ王国を設立。


さらに、「魏志倭人伝」に記されている邪馬台国は奈良県の大和地方にあって、
五畿七道(現在の近畿地方や中部・山陽・北陸・近畿地方)を治めた
邪馬台国の支配者は、神武天皇と戦った大和地方に君臨していた大王
長髄彦と安日彦の兄弟であった。

しかし、九州の日向から東征していたという神武天皇に敗れた
長髄彦と安日彦兄弟は、はるか東北にある津軽地方の十三湖に亡命。
この地で新しくアラハバキ王国の王者となったが、彼らが津軽に逃れたのは、
津軽地方を邪馬台国の故郷『邪馬奥』とみなしていたからであった。



そしてアラハバキ王国は、岩手県平泉にいたる広大な陸奥国=奥州一帯に、
東西南北5人の国司者を配置し、強大な国家を形成。
さらに神武天皇以後の天皇後続者や政治問題にまで影響を及ぼすほどの
勢力を持ったという。

しかも、平安時代初期に東北の蝦夷地征服のため進軍した
坂上田村麻呂征夷大将軍と戦い、朝廷軍をことごとく破ったのはアラハバキ族の
子孫にあたる津軽地方の安倍氏(安日彦の末裔)であったというのである。





津軽古代王国とアラハバキ王国の歴史年表

★紀元前(BC)18000年

アジア大陸から北方系のウラル・アルタイ民族が北海道・東北地方に移動。
彼らは岩木山一帯の阿曽部の森に住み着いたことからアソベ族と呼ばれた。
すなわち、原日本人とみなされる。

★BC12000年

古代アソベ族は十和田湖の十和利山に霊山ピラミッドの巨石神殿を築き、
東北各地で巨石メンヒルや石神、岩偶、土偶神像を信仰する。
津軽半島では、日本最古の無文土器が生まれる。

★BC8000年

津軽半島で縄文土器が発生。

★BC3000年

中国大陸からツボケ族が津軽に渡来して、縄文土器文化と漆ぬり土器が栄え、
青銅器が伝わる。

★BC2000年~1000年

アソベ族が各地に環状列石を作る。
アソベ族とツボケ族の混血による亀ヶ岡の縄文文化が繁栄。

★BC700年頃

岩木山麓と亀ヶ岡一帯に古代アソベ王朝が生まれ、最初の王ウソリから
十七代の王朝国家がつづく。

★BC500年頃

津軽の亀ヶ岡から十三湖一帯に、古代ツボケ王朝が発生。
最初の王ダツトリから29代の王朝国家がつづく。

★BC100年頃

中国王朝からの新しい漂着民(周・普の君公子一族)と
アソベ・ツボケ族の混血によってアラハバキ族発生。

★BC18年

十三湖一帯にアラハバキ王国成立。

★AD240年

大和の大王ナガスネヒコと安日彦が十三湖に逃れて、アラハバキ族の王となり、
新アラハバキ王国が生まれる。新アラハバキ五王制による国家組織が発足。
この年から邪馬台城を築きモヤ山ピラミッドを作る。


参考文献「津軽古代王国の謎」佐藤有文 サンケイ出版
  1. 神社・仏閣
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
2月度 青森セミナーのお知らせ :: 2011/02/07(Mon)

いよいよ変化の年が動き出したようです。その大きな変化の中で自らを
見失うことなく時空研で学ぶことを最大限に活かし対応できるように
したいですね。

さて、今回のセミナーは、第2週目の日曜日の2月13日に
開催したしますので、ご案内をさせていただきます。


日 時  平成23年2月13日(日)     

    相 談  PM12:30~PM1:30
     セミナー PM1:30~PM4:30
     懇親会  PM4:30~PM6:30

場 所  セミナー・懇親会 六戸ヘルスセンター


セミナー会費  1人 15,000円
懇親会 会費  1人  2,000円 

      

2月のセミナー内容

12本DNAがすべて動く

今年中の意識変化(すべて大変化中)への対応

最終目標はモナド顕現、そして安定

エシュロンによる世界管理?共通番号コントロール?

新しい世界秩序・火山噴火・・・

本当のハイパーインフレ対応!強い日本!

冷えとロコモティブシンドローム対応

前半は、難病・難問とは 能力開発ビックバーン

自分と他人と先祖


 

皆様お忙しいことと思いますが、ご参加をお待ちしております。
  1. セミナー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
湯舟神社 鬼伝説 :: 2011/02/04(Fri)

弘前市から西方、西津軽郡鰺ヶ沢町に湯舟神社が高津森山の麓に鎮座します。

記録によれば、寛政年間(1789~1801)に飛竜大権現を祀り、
飛竜宮と呼ばれていた一社であったが、明治の神仏分離のとき飛竜宮を廃し、
高倉神社に改め、祭神を高皇産霊としたのが湯舟神社であります。

江戸中期の寛延年間から、津軽三十三観音の第六番札所となり
本尊聖観音が合祀されて、現在も神仏混合の形態のままであります。

湯舟1
湯舟2
湯舟3


『寛延順礼記』(寛延四年1751)によると
「本尊は達磨の形で石仏である」と記されていますが、石仏と考えられたのは
実は、鉄滓(かなくそ)で高さ1m、周囲1.5mほどのものを主体として
小さな鉄滓2個を積み、仏体に似せているが、これが飛竜大権現の本尊であります。


湯舟という地名が物語るように、このあたりは古代の製鉄遺跡と考えられ、
集落の南側に若山遺跡と呼ばれる所があり、鉄滓(かなくそ)や羽口が出土するのです。


『寛延順礼記』によると

「昔、ここに鬼神太夫という鍛治がおり、刀を打ち悪魔を退治した。
 石と化したので観音堂にお祭りした。石が地面から出現したので
 堂は鞘堂にしてある。ここから奥の方に、刀を鍛えた湯舟の跡がある。」

と述べられています。


『津軽俗説選後々拾遺』(寛政九年(1797)によると

即ち、天文(1532~55)のころ、湯舟に鬼人丸という名高い刀鍛治がいた。
岩木山の赤倉にすむ大蛇が鬼人丸の娘に恋をし、若者に化けて鬼人丸の家に住み込んで
弟子入りをした。二年ほどで鍛刀の術をすべて習得したので、鬼人丸はこの若者に娘をやり
家督を継がせようとした。鬼人丸は若者に、一夜のうちに十腰の刀を鍛えれば娘を
やろうと言った。

そこで若者は鍛冶場にこもり、蛇体を現し懸命に刀を打ち、十腰の刀を鍛えた。
しかし若者の正体を知った鬼人丸は、そのうち一腰を隠してしまった。
夜が明けて、十腰に足らぬことを知った若者は、はじめて鬼人丸に素性を告げて
立ち去った。
そこで鬼人丸は後難を恐れて、大蛇を飛竜権現に祀ったのであるという。



従って、岩木山北麓一帯は、巨大な古代製鉄跡が広がり、
鬼伝説と「たたら」が重なっているのであります。
  1. 神社・仏閣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
鬼神社伝承 :: 2011/02/02(Wed)

大昔、この村に弥十郎という者があった。正直でおとなしい農夫であった。
あるとき、岩木山にタキギ取りに入ったが、山中で見たこともない
恐ろしげな大男に出会った。これが山の大人(鬼神)であった。

弥十郎はその後たびたび大人と出会って親しくなり、角力などをとって
山中で時を過ごしたが、いつも大人は弥十郎の家にタキギをどっさり
運んでくれた。そんなある日、弥十郎は、村に田地を開墾したいと言った。

大人は助勢を約束して帰った。ほどなく手伝いに来た大人のおかげで
たちまち開墾ができあがり、弥十郎は大いに喜んで酒と魚を持って
大人にお礼に行った。

ところで新開の田畑は水の便が悪く、たびたび渇水して村人が困った。
弥十郎はこのことを大人に頼んだ。すると一夜のうちに、谷川の水が
溢れるほど注ぎこんだ。これを見た弥十郎はまた大喜びで、ふたたび
酒や魚を持参して大人をもてなした。しかし、あまりの不思議さに
水源をたずねたところ、岩木山中の赤倉岳の谷間から、大石をくだき
高低をならして水路を開き、灌漑の水を引いてくれたとのことであった。

そこでこの奇瑞に驚き、その沢口を「逆水の沢」と言い、また村の名を
鬼沢と呼ぶことになった。

ところが弥十郎の妻は、大人が田畑の開墾を手伝い、また田に苗の植えつけにも
来てくれたと聞いて疑い、それを確かめようとして、こっそり物かげから
様子をうかがった。大人はこれを知り、弥十郎にこう言って立ち去った。

「お前との交わりもこれまでだが、いままで親しくしたしるしに
開墾に使った蓑と笠と鍬をやろう。」

大人は二度と現れなかったが、これらの品を堂社に納めて鬼神社と称し、
鬼神を祀ることになった。のちに弥十郎も山に入って大人になったともいう。


『弘藩明治一統誌 神社縁起録』より鬼神社の由来




黄金の子牛像を崇拝したヒッタイト系イスラエル10支族(出雲族)の
族長である「スサノオ」は、蓑と笠をかぶって暴風雨とともに現れますが
蓑と笠と鍬は、まさにスサノオの象徴であります。


鬼神を祀るこの村には、昔から節分にも豆まきをせず、端午の節句に軒に
菖蒲を挿さないのでありますが、
そもそも節分は、神社神道を確立した秦氏の行事であり、
平安時代から行なわれている追儺という宮中の鬼払いの儀式に原型が見られます。
  1. 神社・仏閣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。