時空研 青森

時空研青森のブログです



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
9月セミナーレポート :: 2012/09/26(Wed)

9月度青森セミナー レポート  ::2012/09/09(Sun)

まだ、残暑の残る中、セミナーにご参加していただきまして、ありがとうございました!!



以下、今月のセミナー、印象に残りましたいくつかを列挙します。

詳しくは、レジュメをご参照ください。



★咳が出たら、マイコプラズマ菌? 

大部分の人は陽性、免疫があるから、大した病気にならなかった
マイコプラズマには、抗生物質は効かない
咳が出たら、マイコプラズマを疑ってみよう
やり方は簡単、宇宙神に頼んで、全細胞から、マイコプラズマ菌を抜く
これで、マイコプラズマが治るばかりでなく、症状がない人もますます健康になる



★インフルエンザワクチン打たないで

著者(母里啓子)は元国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)疫学部感染症室長、
政府の感染症予防のトップにいた
その人が警告している
インフルエンザ




★ヤマセが吹かない、台風が来ない

気候が変だ、
台風が西に向かって、大陸に行ってしまう
ここ青森県の太平洋側は、冷夏をもたらす、冷たい東風が一向に吹かない
これは人為、背後に○○○○○の存在あり



★これは強力、浄化ツール!八面鏡

鏡(100円ショップで入手)を8つ並べて八面鏡、中にLED回転盤、その上にFF、12鏡 
全体に箱をかぶせて、基本浄霊でもなんでも、
周囲3メートル、フーチが全然動かず
考案者は女性、たった1週間で超若返り、超美人
clip_image002八面鏡




★熱中症をまず疑おう

先月、北海道で、奥さんがセミナーに来て、夫が脳梗塞と言う、診たら、熱中症だった
盛岡以北の医者は、熱中症の診断が出来ない
室温28度、湿度75%、これで、確実に熱中症になる、東北だからと安心していられない
汗を出す脳の命令が狂い、自律神経がやられ、肝臓、胃、腸が変調を来す
お袋、生きていたら110歳、もし生きたかったら、梅干しを摂れ、水を飲んだらよけいひっくり返るよと言われて育った



★化学物質も、マイコプラズマ菌と同じ対応を

シックハウス症候群、新築の家には気をつけよう
大阪の新品の家から京都の旧家に移転、それでも、シックハウス症候群は改善しない
調べたら、旧い家だから手を入れた、絨毯やカーテンから化学物質が出た
自分で、意識だけで、全細胞から化学物質を抜く、もちろん、宇宙神に頼んで



★外宮の方が、波動がいい

メッセージをもらうために毎月のように通っている
多賀宮で外宮のお札を扱っている、
外宮にお参りした翌日、セミナー開催、多数の参加者あった
外宮の祭神は国之立大神、内宮より格式が高い、外宮には豊受大神が祀られている
この豊受大神こそが、実は国之立大神に他ならない
豊受大神は地球と人類の創世に関った宇宙の大神様
豊受大神がただならぬ神であることを裏づける、エピソードがある
ベラ・コチェフス女史(ブルガリアの世界一の超能力者)
「自分の前世が日本人で、10年前から伊勢神宮のヴィジョンを見続けており、日本に行ったら必ず伊勢に参拝に行く」と語り、来日時にはまっ先に伊勢神宮を訪れている
多賀の宮の前に進み出ると、ベラは感極まったように膝を折り、額ずいて祈った
「日本は地球のへそのようなもの。宇宙からのエネルギーを一番ストレートに受ける聖地」



★検診と治療がセットの病院のは危ない

ガン検診を受けた人ほど,ガンになっている。
欧米には人間ドックはない
ドックに行くほどX線検査でガンになる
アメリカでは1990年ガンの3大療法はガンを増やし患者の命を奪っていると断定
抗ガン剤等の有効性を完全否定
この事実を日本の厚生省・ガン学会は緘口令を敷き、一切を秘密にした



★幹細胞のトレファンにEg入れて新品に

京大の山中教授によって発見されたiPS、時空研では明日からでも使える
脳の神経幹細胞のトレファンにEgを入れる
トレファンは、ソマチッドを沢山出すホルモン
眼の新品化には、水晶体、硝子体 網膜の神経幹細胞のトレファンにEgを入れる
顔の皮膚、肝臓に同じくの神経幹細胞のトレファンにEgを入れる
これらを朝晩行うことで、脳はいつも活発に、メガネ入らずで皮膚はつやつや
羨ましい限りです



★21世紀的生き方の基本

エゴの浄化、→Egを抜きまくる
→外側視索前野(金銭慾・権力慾)、異常内側前野(性慾)
否定的記憶の浄化、→Egを抜きまくる
→第三脳室脈絡叢部と係蹄小葉のそれぞれにに蓄積された厭な・否定的記憶、
心の浄化と安定化には、次の神経を浄化し捲りまくる
→第四脳室脈絡叢部(楽しいことを覚えている)・松果体・側坐核(やる気)・尾状核(霊の受発信)・A10神経(わくわく)・青班核(イライラ不安)、それに愛と調和に関る遺伝子も



★抜くか、修復するか、ソマチッド治療

ソマチッドはDNAの前駆物質、体内に82兆細胞×100万個存在
ソマチッドは変化の相が1~16形態、
1~8は、異相ソマチッド、修復する方が良い、9~10が境目
9~16は、異常ソマチッド、抜いた方が早い、抜かなきゃならん。
この時は、宇宙神に頼んで抜く
新谷弘美医師が「病気にならない生き方」(250万部売れた)で推賞したのが、
体内にミラクルエンザイムが多いこと。これは、幹細胞のトレファン。
彼はソマチッドのことを知らないから、そう言った














次の青森セミナーは、10月14日(日)です。


多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げます。
スポンサーサイト
  1. セミナー
  2. | trackback:1
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。