時空研 青森

時空研青森のブログです



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
5月度青森セミナー報告 :: 2010/05/10(Mon)

お忙しい中、セミナーに参加していただいた皆様
誠にありがとうございました!


主なセミナー内容は、(レジュメ内容以外)以下の通りでございます。


近頃天災が非常に多いようですが、我々の身近なこと
例えば、売上が極端に下がる、突然、家族関係がうまくいかなくなる等、
今まで考えられないことがおきています。

幸せ脳になっていれば、OK!うまくいきます。
そのためには、基本浄化今までの5倍やること

全国で幸せ脳体験談、出ています!


時間(基本浄化をやる時間)や予算(グッズ等)の問題がありますが
方法論として工夫次第。


基本浄化を縮小してタッパに穴を開け、大調和スピンをかけっぱなし

タダでハウツウをやる方法→セミナーでは、出席者の名刺を
エネルギー炉に入れてもらえますが、それをいつも時間があれば
イメージする。

 ・古村先生の名刺をまわす
 ・基本浄化をアルミ富士をまわしながらやる
 ・タッパ内部にアルミ富士を2枚貼る
 ・ラミネートした富士山メッセージ写真(1500円)を
  風呂場に貼っているといつもの3倍疲れがとれる


幸せ脳→ノイズが無くなるから、商売する上でのノイズも無くなる。


★脳の部位  是非ここのノイズをクリアしておきましょう。

・視床枕(意識エネルギーの中枢)
 
・尾状核(すべての霊的受発信 カラグラ博士 200万本のアンテナ)



★認知症の半分くらい嗜銀球(ナノベースのできもの)が原因

★不況と思わないこと


★レジュメ世界大悪党の写真顔に大調和を入れましょう。
天の倉貯金となります!

★黄砂がキツイ

 婦人病の原因にもなります。何をやってもよくならない病気等
 黄砂と化学物質を抜きましょう


★他人の先祖等の憑依は、キリク呪文かヤッ!(気合)で取り易い

★幽界(アストラル界)の虚、あと2,3年は残るでしょう
 数年前に幽界は、幽界を作ったご本人が消したので、
 現在のチャネリング情報はデタラメ

★今年、7月と11月 来年1月キツイ


★結核菌がパワーアップしてきていますので
 抜いておきましょう。(今、大丈夫でも疲労すると症状が出るかもしれない)

  全身と肺、気管支から結核菌と非定型抗酸菌を抜く

★うつ病の50%は、甲状腺機能低下症

★時空研の火山灰(マグマ霊)は日本で一番、珪素が多く含まれています。後日詳しく


★脳が10倍若返る

 脳トレを行うとカリリン7(蛋白質)が活性化します。

 従ってカリリン7にEG入れましょう


★おわび日記だけでなく、賛嘆日記も書きましょう
 
 言霊の不思議 ホントにそうなる


★不本意な結果

 Aは甲という会社(学校等)に勤めたかったので
 徹底的に浄化した。しかし、結果は乙に行くことになった。
 
 通常はノイズが出ますが、大きな○がでた場合
 乙をAがより良くしなさいという神さんからのメッセージ

 ちなみに、小さい○はノイズ無し


古村先生5月


今回のメイン
 
幸せ脳ハウツウ+フォトンカード(数年前に使用した)に願望を記入して
10分後、結果をIFテストで確認をしました。

フォトンカードには、過去完了形で記入しましょう



★フーチミニ特訓

 ウソは、動かない
 
 ○○○(事柄等)の波動と本質生命体にお伺いします
 (自我が入るのでYes NOでお伺いしない)

 波動パターンがどうであれ、本当のことだとフーチが動く

新聞やニュースの内容をフーチで探査してみましょう


・個人の波動パターンを探査する場合、
 名前の右上に本質的性格と書いたほうが結果が出易い




本セミナーレジュメは、実相顕現!するとき
イメージしやすくなりますので、よく読んで理解しておきましょう


来月の青森セミナーは、6月13日(日)です。

多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

スポンサーサイト
  1. セミナー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<心の御柱 | top | 5月度 青森セミナーお知らせ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijikuuken.blog114.fc2.com/tb.php/108-5c1a0d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。