時空研 青森

時空研青森のブログです



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
キリストの本塚は戸来岳 :: 2010/06/17(Thu)

キリストは日本で死んでいる (たまの新書)キリストは日本で死んでいる (たまの新書)
(1994/06)
山根 キク

商品詳細を見る



さて、永遠不滅の大聖人キリストは、垂仁天皇即位三十三年二月二十六日に
八戸の松ヶ崎に上陸したのであるが、その晩からイスキトマル(石堂)に
宿舎を設けて、渡来中に出来た十数人の弟子達と共に約二ヶ月この地で暮らした。

そして、此処から戸来神宮に行ったのであるが、その神宮は、十来塚にある
戸来村にはなく、実に此の眉ヶ平の戸来岳、別名トガリ山にあって、
この山に来たのである。


戸来岳は、何億万年もの大昔、十代高皇産霊天皇の御手に、越中皇祖皇大神宮の
御分霊を世界五色人の便利のために本州南北二ヵ所、即ち山口県の徳佐山と共に
御祭祀遊ばされ、その後、皇統第二十四代天仁仁杵天皇の御時に、
再び祭祀造営がなされたところである。

キリストは、戸来神宮で約四ヶ月、即ち渡来の年同年四月二十五日から
八月二十六日までの間、祈願をして心の準備も漸くできたので、
愈々大目的である越中の皇祖皇大神宮参拝のため、早速に旅立ち、
十六日後の九月十一日、上陸以来実に七ヶ月目に越中に到着、
同時に懐かしい師である神官、武雄心親王にも御目にかかることが出来たのである。

この本宮で一週間参籠して、親王から分霊を頂、これを持ち帰って大平(戸来村)に移し、
其処に住むこと約五年余り、その間、日本語と文字を学んでから日本国中を
巡廻すること更に十年、即位四十八年五月五日、武雄心親王の仲介によって、
お久しぶりに垂仁天皇に拝謁し、直ちに戸来岳の麓神宮に戻り
仁々杵栄の木の傍に隠遁して、弟子達と共に住まった。

P174~175引用
スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | comment:0
<<キリストの本塚は戸来岳2 | top | キリスト石堂より戸来岳へ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijikuuken.blog114.fc2.com/tb.php/121-f654b4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。