時空研 青森

時空研青森のブログです



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ハヤシコトバの謎 :: 2010/06/24(Thu)

日本の民謡の「ハヤシコトバ」は、そのほとんどがヘブライ語であって、
しかもそこに、日本国誕生にまつわるすごい意味が、含まれているという。


かけ声や木遺り歌、ハヤシコトバには戦闘的な意味のものが多い。

「ドッコイショ」は、「蝦夷の残在者を粉砕せよ」という意味になるという。

秋田音頭の「ドードッコイ」や宇佐八幡の盆唄「ドスコイ ドスコイ」も
、同じ意味で、先住民を追っ払うハヤシコトバである。

「ションガイ! ションガエナ」は、「アイヌは逃げた」という意味だという。

また、相撲の「ハッケ~ヨイ ハッケ~ヨイ ノコッタ ハッケー」の意味は、
ヘブライ語で「お前撃つべし やっつけろ お前、相手を打ち負かしたぞ」と
いうことになるという。



三重県の「尾鷲節」のハヤシコトバも、奇妙な意味を持っている。


尾鷲よいとこ
朝日をうけて ヨイソレ
浦で五条の
あみを曳く
ノンノコ サイサイ
ヤ サホー ラエ
オッショコ マオンコ ノケー


ノンノコ サイサイ
ヤ サホー ラエ
オッショコ マオンコ ノケー
の意味は、ユダヤ語では次のようになるという。

仇敵はつぎつぎに
徹底的に撃退せられたり
邪悪なるもの降伏せり
汝の居住地の軋轢は
除かれたり



その最後の一行は


オッチョコ マオンコ ノケー


ということばが原型だとすると、その意味は

われ、大いに笑うべし
汝の居住地の粛清せられたればなり

ということになる。


「天皇家とユダヤ人」 篠原央憲 光風社出版より引用抜粋


民謡の穏やかなメロディーと裏腹に
日本各地に残る「ハヤシコトバ」には、支配者側の征服感がタップリと
込められているのでございます。

その功績をいつまでも残すため、記録媒体として唄を利用し、
意味を知らない民衆によって歌い継がせるための
呪(しゅ)をかけたのでございましょうか。
スポンサーサイト
  1. つぶやき
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ハヤシコトバの謎2 | top | 日本語とヘブライ語>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijikuuken.blog114.fc2.com/tb.php/126-829c7211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。