時空研 青森

時空研青森のブログです



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
希望実現の方法Ⅲ :: 2010/12/11(Sat)

もし望みが叶えられない場合は、その科(とが)は自分自らの
内にあるのであって、神にはないことを知らなければなりません。

そのような時は、もとに戻って求め直すのではなく、エリアのように
コップが満たされるめでコップを差し伸ばし続けるのです。
※エリアについては(旧約聖書「列王記」上 十七章九~十六節)

たとえどのような誤った卑俗な考え方があなたの周囲を取り巻いて
ようとも、祝福と感謝とを注ぎなさい。迷わずに前進しなさい。

望みはすでに今、此処に在る。夢疑ってはならない。あなたの信念は
報われます。そうして深遠が智識となるのです。


あなた方が望むのが例えば氷としましょう。そういう時、あなた方は
何の見境分別もなしに、至る所で氷という言葉を喋り散らしますが、
もしそうすれば、あなた方は自分の力を四方八方に散らしてしまって、
何の得るところもないでしょう。

そうはしないで先ず第一に、自分の望むものを心の中で描き、
その姿がはっきりと描きあがるまで、ずっと長く思い続けてから
それを心より放ち、後は普遍的原質に全托すればよいのです。

この原質は神の一部なのです。

だからそれは又あなたの一部でもあり、この原質の中にあなたの
必要なものは何でもあるということ、神はその原質をあなた方にも
使える速さであなた方に押しつけておられること、いくらあなた方が
使ったところで使い尽くせるものではないということを知ることです。

これまでにすべて新機軸のものを提供した人々は、意識的に或いは
無意識に、すべてこの原質より獲得したのです。これを知って頂きたい。

あなた方の想念と想像力を唯一つに中心原子、即ち神に集中し、
集中し続けて自分の望みをそれに刻印するのです。
その原子の振動を低めて行けば、遂に氷となる。
するとそれを取り囲んでいる原子全部が急いであなたの望みに従う。

その振動が低くなり、中心の分子に粘着して、一瞬の後には
氷が得られることになるのです。何も水の必要さえ無い。


只、理念さえあれば事足りるのです。

『ヒマラヤ聖者の生活探求Ⅱ』P45~46より引用
スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | comment:0
<<12月度 青森セミナーレポート | top | 龍輿山ピラミッド>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijikuuken.blog114.fc2.com/tb.php/212-e06a313d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。