時空研 青森

時空研青森のブログです



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
岩手 岩泉に「火の玉」落下? :: 2009/10/17(Sat)

岩泉に「火の玉」落下? 火球流星の可能性

-----------------------------------------------------------------------------

 15日午後6時半ごろ、岩泉町の男性から「近くの山林に何かが燃えながら落下した」と岩手日報社に連絡があった。盛岡市東中野の女性からもほぼ同時刻に「東側はるか遠くに火の玉が落ちた」と連絡があったが、落下物の正体は分かっていない。

 同町や岩泉署、岩泉消防署は落下物を確認しておらず、盛岡地方気象台も異常な気象現象は観測していない。

 奥州市水沢区の国立天文台水沢VLBI観測所(小林秀行所長)は16日、隕石(いんせき)などが普通の流星よりはるかに明るく燃える「火球流星」である可能性が高いとの見解を示した。

 同観測所の田村良明助教らによると、目撃情報が同時刻ごろに集中し、盛岡市や奥州市、一関市など広範囲に及んでいることから、隕石の塊などが高度90~100キロで激しく燃えたとみられる。

 火球流星は天文学的にはさほど珍しい現象ではなく、同観測所は「ちょうど暗くなった時間帯だったことと高度の関係で、県内で広く見られたのではないか」と話している。



(2009/10/16)

岩手日報より引用


岩泉 火の玉
スポンサーサイト
  1. つぶやき
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<朝の宇宙神 | top | 時空研CD体験談 その2>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aomorijikuuken.blog114.fc2.com/tb.php/64-a70e787e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。